江里佐代子(えりさよこ)

c(えりさよこ)截金 人間国宝

江里佐代子は1945年(昭和20)京都で代々続く刺繍師の家に生まれました。
学生時代は日本画と染色を学び・仏師・江里康慧との結婚によって仏像や仏画を金・銀の箔で装飾する技法「截金(きりかね)」と出会います。
截金とは、金箔やプラチナ箔を熱して細い糸状に切り出し、様々な模様を仏具や茶道具などに細工する技法です。
その後、技法の継承のため北村起祥に師事。仏像の荘厳のほか、現代工芸の創作にも取り組み、茶道具から屏風や壁面装飾など、截金技法を用いた独創的な作品を多彩に生み出し、国内外で高く評価され、2002年(平成14)には57歳の若さで重要無形文化財「截金」保持者(人間国宝)に認定されました。

截金師・江里佐代子さんの芸術的感性を活かして、細部に至るまで“美しさ”を追求した大変美しいフォーマル帯です。
両端には深みのある色調の七宝華文、そして中央には紺色地と立方体を背景としてそれぞれ風車のような小花を織りあげた素晴らしい意匠構成です。
複雑な表情をみせる金糸が彩りをそえています。