藤村建雄(ふじむら たつお)

藤村建雄 (ふじむら たつお)本場加賀友禅作家

かつて目にしたことがないほどの斬新な構図で写実的な雪吊りを表現した、本加賀友禅 藤村建雄先生の作品です。
加賀友禅は宮崎友禅斎が京から加賀へ移り住み、加賀藩の庇護を受けたことが始まりと言われています。
また、一説では加賀友禅の原型は15世紀あたりに加賀にあったと言われる、 独特の染色技法、「梅染め」であるとも言われています。 この加賀のお国染めと友禅斎が広めた技法が合わさり、加賀友禅が確立されたと考えられています。
色彩は加賀五彩と呼ばれる(紅、黄土、緑、藍、紫)を基調色とし、 濃く、淡く、外郭より内側へぼかされるのが特徴です。
又、「虫食い葉」などの柄が代表的です。

【略歴】
1947年 石川県金沢に生まれる
1967年 安達直次氏に師事し 東京友禅を習う
1971年 金沢に帰り 父藤村加泉に本格的に加賀友禅を習う
【受賞歴】
1981年 日本伝統工芸染織展に初入選 以来13回入選
1984年 加賀染振興協会主催新作競技会で理事長賞を受賞
1886年 加賀友禅技術保存会主催工芸展で銅賞を受賞 新作競技会で金沢市長賞受賞
1990年 日本伝統工芸展に初入選
1995年 加賀友禅工芸展で銀賞を受賞
1996年 金沢市工芸展で世界工芸都市宣言特別賞
1999年 第一回全国振袖デザインコンテストで最優秀賞 加賀友禅工芸展で銅賞
2001年 金沢市工芸展で金沢市長奨励賞
2002年 加賀友禅工芸展で銅賞 新作競技会で中部通商産業局長賞
2005年 新作協議会展 中部通商産業局長賞 受賞
2009年 石川の伝統工芸展 第50回記念展 奨励賞 受賞
2012年 全国伝統的工芸展 伝統工芸士会会長賞 受賞
2013年 加賀友禅工芸展で金賞

加賀友禅について