福山富生

福山富生 本場久留米絣

重要無形文化財技術保持会員の福山富生氏の作品です。
福山富生絣工房は、久留米絣がこの地域でつくられ始めた頃から90年以上続く工房です。
現在は福山さん夫妻で手織りの絣をつくられています。

伊予絣、備後絣とともに日本三大絣の一つともされる久留米かすりの素朴な風合、緻密な花市松が見事なひと品です。
経緯(たてよこ)絣が綿織物としての久留米絣を巧みに印象付け、流れるような絣足も余韻を残すかのように…とても趣き深い仕上がりです。

藍は「ジャパン・ブルー」と呼ばれ、その色や染法は世界でも高い評価があります。
何十回もの染め工程を繰り返し、決して同じ色には仕上がらないという藍染のお着物が作り出す独特の風合いは、一見の価値があります。
絹よりもお気軽にお楽しみいただけるのが木綿着物です。

福山富生絣工房の本場久留米絣

久留米かすりについて