五味桂子

五味桂子 江戸紅型

紅型といえば琉球染織のものが多く取沙汰されるようですが、「型を使って絵を染める」という技法は、伊勢型や越後型、京型など全国の産地で見られるものです。
本品は、その紅型が江戸に伝わって発展した、「江戸紅型」のお着物で、琉球紅型が顔料で染め上げられていますが、こちらは草木染によるものです。

五味桂子(ごみ・けいこ)氏が作り出す「江戸紅型」は、その優れた色彩感覚と豊かな表現力で高い評価を受けており、有名女優の間にも熱心な支持者をがいるほどです。
草木染紅型の色によって、より深みと味わいのあるものとなっております。

【 五味桂子 プロフィール 】
昭和23年甲府市生まれ。
昭和44年女子美術大学卒業。
染色紅型の世界を目指し、東京紅型工場(株)吉祥を経て、江戸紅型の魅力にひかれ、昭和55年(株)東京紅型工房に入房、修行に入る。
芹澤桂介、森義利の系譜を引き継ぎ、民芸調の作品を研究創作する。
その作風は、色彩感覚豊かな力強さを感じさせ、極めて高い評価を得ている。