合田峰太郎

京刺繍の巨匠として知られる合田峰太郎氏。昭和34年の美智子妃殿下ご成婚のときのお着物もデザインされました。

日本刺繍の中で平安時代に京都に興り、京都で発展したものを「京繍(きょうぬい)」といい、豪華な金糸銀糸を用い、花鳥風月などのモチーフを写実的に表現した図柄が特徴です。

糸の染色から図柄の創作、繍い上げまで丹念に、長い時間をかけて心を込めてひと針ひと針縫い上げていきます。

京繍作家の着物

こちらの作品は左衽(おくみ)の上前から竹を軸にして、松や梅が威風堂々とした姿を魅せる見事な図案です。

梅は紫色で妖艶に、また金駒刺繍でメリハリをつけるなど絶妙な配色で、豪華な上にも上品で格調の高い訪問着です。

歳寒三友をこれほどまでに美しく、そして生き生きと表現した作品は他に例をみないほどです。

一生の宝物、そして代々受け継がれていく家宝として。市場に出回ることも滅多にありませんので、本当に珍しい貴重な作品です。

合田峰太郎氏 略歴

昭和3年  愛媛県生
昭和24年 稲垣稔次郎に師事
昭和26年 新匠会佳賞
昭和26年 日展入選
昭和27年 京都市立美術専門学校卒
株式会社松坂屋入社(呉服デザイン)
新匠会 新匠賞
日展入選
昭和28年 その後展覧会へは出品せず
昭和57年 株式会社峰 設立