碧三(はくさん)

碧三 (はくさん)ぬれ描き友禅作家

濡れ描き友禅作家・碧三氏は50年以上この道に携わり、独自の世界観を作り上げてきました。

網目状の変わり織を違い横段に施し、緑・青・紺・紫色などの染料を何度も重ねて染めます。
そうすることで水彩画のように瑞々しく、味わい深い風合いが生まれます。
個性的な織とエレガントな染めの両方の技法が見事に調和した素晴らしい仕上がりです。

【碧三 略歴】
18才で染色作家・斉藤才三郎(さいとうさいざぶろう)氏のもとに弟子入りし、師事を受け1979年に独立、アトリエを持つ。
1968年、百選会入選。
『美しいキモノ(婦人画報社)』に多数出品作あり。
創作着物、暖簾などの展示会開催。