楢﨑通晴

楢﨑通晴 「花煌路 はなこうろ」

東京友禅作家・楢﨑通晴先生は神奈川県茅ケ崎でアトリエをかまえて着物製作をされています。
「花」は、四季の花びらを、「煌」は、ひかりを、「路」は、シルクロードをイメージしてつけられたそうです。
素晴らしい作品は着物雑誌にも掲載され、日本画をベースに水彩のタッチを加え、「印象画」のような淡い色彩美が広がります。

こちらのお品物は、爽やかな水色地に左衽からふんわりと柔らかな暈し染めとともに咲き誇る美しい桜。
楢﨑通晴先生が一枚一枚に息吹を与えるように、とても丁寧な筆致で表現しています。
白色をベースとしながら、花びらの先を淡いパステルカラーがそっと彩り、
輝くばかりの金彩加工が優雅な気品を添えてくれます。

花煌路
袋帯には横段文の淡い染め分けとともに奥行きのある湖畔風景が広がり、
端麗な草花の表情をより一層魅力的にみせています。

実際にお召しになると、幻想美に包まれた優しい佇まいが見る者の心をとらえて離しません。