羽田登(はたのぼる)

羽田登 (はたのぼる)京友禅 京都府指定無形文化財保持者

細部までこだわり、丹精を込めて波や花鳥風月を巧みに表現する羽田登氏。
人間国宝・羽田登喜男の長男として生まれ、文字どおり、工房に寝起きする幼少期を過ごしました。
千年の文化を背景に色彩はあでやかで洗練され、意匠も華麗かつ優美な京友禅。
そして綿密な写生をもとにした写実的で独特の味わいや濃密な色彩に特徴のある加賀友禅を羽田登喜男は融合させ、京加賀友禅という新しい美の世界を生み出しました。
その父の姿勢を受け継ぎ、登氏は独自の作風で多くの人々を魅了しています。

羽田登喜男について

羽田登喜について

TOKIO et TOKIについて