林宗平

林宗平工房は新潟六日町の工房で、本塩沢(塩沢御召)・夏塩沢・塩沢紬・越後上布を製作しており先代の林宗平氏は越後上布の織り手としても知られています。
本塩沢は越後で織られていた麻縮の技法を応用して製作される絹織物です。
八丁撚糸といわれる強い撚りをかけた右撚りと左撚りの緯糸を交互に織りあげます。 そして湯もみによって撚りが戻って縮むことで、シボを出し、独特のシャリ感のある生地を作り出します。

こちらのお品は薄めの淡黄(たんこう)色地に焦げ茶色の十字絣がたっぷりと浮かび、星のように瞬く愛らしいデザインです。
緯糸のシボ感がとても豊かな表情を魅せ、モダンで洗練された印象を与えます。 織にとことんこだわった、本当に清らかな逸品です。

林宗平工房

塩沢紬とは?
越後上布とは?