平野晋二郎 (ひらのしんじろう)

平野晋二郎 (ひらのしんじろう) 琉球紅型

琉球紅型は沖縄の地に生まれ育ち、何度となく衰退の危機を辿りながらも、今なお、新しい風を吹かせ、新しい感性を含み、それでいて琉球独特の雰囲気を併せ持っています。
赤、黄、青、緑、紫を基調にした色で華やかに染上げられる紅型は、太陽の下で光を受け鮮やかな文様が浮かび上がります。

紅型は琉球王府、首里、浦添を中心に、婦人の礼装として、また神事に関する古式の服装として摺込みの手法で染められたのが、琉球紅型のおこりだといわれています。
その後、14~15世紀、中国や東南アジアとの海外交易により中国の印花布の技法や印度、ジャワなどの染色技法が伝わります。
やがて沖縄の気候風土と自然に育まれながら、沖縄独自の紅型が誕生したのです。
以来、琉球王府の保護のもと、南国特有の神秘的な美しい染物は、東洋花布として、中国の福建市場では貴重な交易品でした。
その紅型の華麗さや、洗練された芸術性は、先人達によって、今日に伝えられています。

琉球紅型の名古屋帯
なかなか巡り合うことのできない希少価値の高い平野晋二郎氏の朗らかな色合いと桐や梅の草花の愛らしいシルエットが調和した極上の九寸帯です。
紅葉はまさに、一枚の葉に四季の変化を込めたように多色使いをすることで面白さが生まれ、
深く心に響く鐘のように優しく沁みわたります。
伸びやかな蔦に絡まる愛らしい花の意匠構成にもこだわりが感じられますね。
琉球紅型の九寸帯
平野晋二郎氏の匠の技が草花や流水に生命の息吹を与え、装いに気品を添えてくれます。