本郷大田子(ほんごうたいでんし)

本郷大田子 (ほんごうたいでんし)虹染創家

上賀茂神社の境外摂社・大田神社の近くで創作活動を続ける、染色作家二代目本郷大田子氏です。
虹染とは初代本郷大田子が考案した染色技法で、優しい色合いの絶妙なグラデーションが特長、いくつもの色を生地ににじませることで色が重なり、虹のような玉虫色を生みだす技法です。
色が“にじみ”、“虹色”に染まることから、「虹染」と名付けられました。
優れた色彩感覚と繊細さが必要とされ、作家の個性や感性が大きく作品に反映されます。
海外からの評価も高い本郷氏の虹染は、光を受けて発色し、近代染色の奇跡ともいわれるほど艶やかで上品です。