稲手明仁

稲手明仁 本場加賀友禅作家

稲手明仁さんは一つ一つの繊細な描き方はもちろんのこと、くっきりとした色彩を用いてメリハリをつける色使いが特徴です。
そのため、全体の調和が美しく、まさに《着る芸術》の名にふさわしい作品になります。

『略歴』
昭和25年 石川県加賀市にて生まれる
昭和47年 加賀友禅作家として身を興す
昭和48年 加賀友禅作家、藤村加泉氏に師事
昭和55年 加賀友禅技術登録者として認定を受ける
以来、加賀友禅振興協会や石川県知事賞など数々の賞を受賞する
平成13年 NHK大河ドラマ『利家とまつ』のテーマ作品を制作
平成19年 作家活動35周年を記念し、美術工芸展を開催。大好評を得る
平成20年 加賀友禅業界の新時代をリードし、巨匠としての地位を確立する

加賀友禅について