石田凱宣(いしだがいせん)

石田凱宣 (いしだがいせん)

石田凱宣さんは1967年に京友禅高橋徳商店に入社し、友禅の彩色のかたわら、日本画・運筆を修業します。
そして1989年に独立し、染色作家活動に入ります。
京都に伝わる染の技法を幅広く身につけ、作品創りにはその技法が生かされています。
「伝統の深さと現代に広がる感覚を染める」と語る石田さんは、伝統と現代が融合する作風で多くのファンを魅了しています。