石塚幸生

石塚幸生 東京染小紋

石塚染工は、初代石塚梅次郎(文久元年生)が小田原で染物業を営みはじめたのが創業です。
明治30年(1897年)糊落としに最適な清水の流れる淺川近くの現在の八王子の地に移り、二代目石塚金次郎、三代目石塚健吉(元通産大臣指定伝統工芸士)、そして現四代目石塚幸生(経済産業大臣指定伝統工芸士)と、四代に渡って江戸小紋染めの技術を受継いできました。
明治23年創業の100年以上の歴史ある染め工房で、その四代目を受け継いでおりますのが、幸生氏でございます。
特に繊細な技術力が特徴で、1995年には東京染小紋伝統工芸士に認定されております。