岩浅公展

岩浅公展 染色作家

時を超えてみがきぬかれた染の技。
いま失われつつある手づくりの心と技をよみがえらせる華麗な感性、繊細な美意識。
四季に奏でる美しき日本の装い―公展の世界。
知事賞等、多数の大賞を受賞。
鮮やかさ・柔らかさに加え、独特の色感をもって、新しい作品創りに挑戦しております。
現在を映す色彩魔術があなたを夢幻の世界へと誘います。
【略歴】
昭和10年 徳島県にて出生。
昭和28年 京都にて型友禅、のり、摺り、手描等を習得。
昭和34年 斉藤才三郎染工芸入社。 手描きによる色感習得。
昭和42年 独立。岩浅染工芸設立。 知事賞等、多数の大賞を受賞。