和泉衛知(いずみ もりかず)

和泉衛知(いずみ もりかず)

和泉衛知 (いずみ もりかず)本場加賀友禅作家

加賀友禅作家の中野進氏や村上和夫氏に師事した和泉衛知氏。
加賀友禅は、今からおよそ五百年前、加賀地方独特の技法であった無地染の「梅染」までさかのぼります。
これに模様が加わるのは十七世紀中頃のころであり、兼房染や色絵・色絵紋などを総称して、当時は加賀御国染と呼ばれていました。
そして、十八世紀になり斬新なデザインの模様染に、その才能を遺憾なく発揮した「加賀友禅の始祖」といわれる宮崎友禅斎が金沢に来るに至り、加賀友禅が大きく開花することになります。

特徴は加賀五彩といわれ、「藍・臙脂・黄土・草・古代染」を基本にして濃淡がつけられ、模様が外部より内側へと暈されるのが特徴で花鳥山水を描いた絵画的な構図です。
加賀友禅は手描きであり、全行程手作業のため、完成までは長期間を要し、その希少価値的存在が高く評価されています。

本場加賀友禅は纏う芸術と呼ばれ正統派の和の装いを愉しめるとあって、本物志向のお客様に愛されています。
なかでも最高クラスの和泉衛知さんの作品は貴重です。

加賀友禅について