甲斐泰造

甲斐泰造 螺鈿作家

螺鈿着物の第一人者・甲斐泰造氏の作品です。
螺鈿(らでん)は、主に漆器や帯などの伝統工芸に用いられる装飾技法のひとつで、貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を、漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む手法です。
螺鈿の輝きがインパクトと洗練されたセンスを感じるお品となっております。

螺鈿について