柿本市郎 (かきもといちろう)

柿本市郎 (かきもといちろう)本場加賀友禅作家

石川県無形文化財加賀友禅技術保存会会員 加賀友禅作家 柿本市郎先生による作品です。
柿本市郎氏は昭和12年金沢市生まれ。昭和30年金丸充氏に師事し、その間、木村雨山、能川光陽両氏に指導を受けます。
昭和42年加賀友禅作家として独立し、加賀友禅新作発表会 石川県知事賞、伝統加賀友禅工芸展 金賞、加賀友禅新作競技会 中部通商産業局長賞など華麗な受賞歴を誇ります。

これほどまでに完成度の高い作品を作り出すには、どれほどの時間と高度な技術が必要なのだろうかと改めて感激します。
身に纏う芸術といわれている本場加賀友禅はまさに、お着物を代表する優雅な意匠です。
柿本市郎氏の矜持を感じる素晴らしい美の結晶です。

~柿本市郎略歴~
●昭和12年 金沢市に生まれる。
●昭和30年 金丸充夫氏に師事。その間、木村雨山、能川光陽両氏に指導を受ける。
●昭和42年 加賀友禅作家として独立。
●昭和54年 第1回伝統加賀友禅工芸展にて銀賞。
●昭和56年 第7回加賀友禅新作競技会にて石川県知事賞。
●昭和61年 第8回伝統加賀友禅工芸展にて金賞。
●平成2年 (協)加賀染振興協会理事。
●平成4年 第14回伝統加賀友禅工芸展にて金賞。
●平成5年 第14回加賀友禅新作競技会にて中部通商産業局長賞。
●平成6年 石川県指定無形文化財「加賀友禅技術保存会会員」に認定。

加賀友禅について