上村淳之(うえむら あつし)

上村淳之 (うえむら あつし)日本画家

上村淳之は、明治から昭和にかけて美人画で人々の心を魅了した上村松園のお孫さんです。
同じく日本画の大家として、日本を代表する鳥の絵の第一人者です。
淳之氏の描く鳥の顔の素晴らしさは、多くの方の目を奪います。

上村松園を祖母にそして上村松篁を父に持つ、三代続く画家の作風はやはり品格があります。
現代日本画壇花鳥画の第一人者で、水辺に渡り鳥や鴨シリーズを得意とします。

【上村淳之 プロフィール】
1933年 京都出身。
祖母は上村松園、父は上村松篁。
1957年 京都市立美術大学日本画科を卒業
1980年 創画会賞受賞。
翌年、創画会会員となる
1984年 京都市立芸術大学教授となる
1992年 京都府文化功労賞受賞
1999年 京都市立芸術大学副学長、京都市立芸術大学名誉教授
2005年 京都市立学校歴史博物館館長となる。
2006年 社団法人創画会理事長となる。
2013年 文化功労者