金丸水明(かなまるすいめい)

金丸水明 (かなまるすいめい)本場加賀友禅作家

木村雨山に師事し、独自の感性によって新境地を開いた金丸水明による作品のご紹介です。
上質なちりめん地には扇面や熨斗、ヱ霞、そして鶴丸の裂取を複雑に重ねながら、華麗なる牡丹を中心に吉祥草花をたっぷりと描いています。
割付文様もそっとアクセントに添えて、賑やかで気品に満ち溢れる芸術が生まれています。

加賀百万石の城下町金沢は、犀川、浅野川の二つの清流にかこまれ、今も緑多き静かなたたずまいを残しております。
良質の水と山と山紫水明、四季折々の細やかに変化する自然に恵まれたこの金沢に、本加賀友禅は生まれ育てられました。
本加賀友禅の特徴は、まず第一に、模様が草花、鳥、山水を主軸とした写生調の大変細やかな絵模様であること、第二に藍、臙脂、黄土、草、古代紫の一般に加賀五彩といわれる色系統を基調とした多彩な配色、第三に暈し(特に外側から内側に細かく暈しをつける)と虫喰いの技法、第四に繊細な糸目糊によって細い白上りの線が装飾的に美しい効果を盛り上げ、本染の味を十分に発揮しているところにあります。
こうした特色を有した本加賀友禅は、時代とともに模様や色に変化はみられますが、伝統を重んじ、創成期における特色を色濃く残している故に、かえって現代の我々にやすらぎとうるおいをあたえ、着る人々の心を強くひきつけてやみません。

【金丸水明 略歴】(大正6-平成16)
金沢市に生まれる。
昭和7年より村田与一、27年より木村雨山に師事。
25年日展初入選。31年光風会展初入選、33年工芸賞受賞。
日展会友、光風会会員。
伝統的な加賀友禅に現代的感覚を盛り込んだ若々しい作品を創作している。