金田昇

金田昇 東京染小紋

息を詰めて、気を引き締め、絹に向かう染師金田昇・・・・・・。
伝統の江戸小紋に魅せられ、江戸小紋を超える清楚で・厳粛な師の作品に名匠の心意気があふれます。
「生涯一職人・・・・」そのひとすじなこだわりにきらめく確かな美感性は絹の趣にある気品をそえ、着こなす女性に誇りとゆかしさを与えます。