狩野永真安信(かのう やすのぶ)

狩野永真安信 (かのう やすのぶ)は慶長18年京都に生まれます。
狩野孝信の第三子で尚信の弟です。
兄の探幽と尚信とが江戸に移り、しかも京都の狩野本家の跡がなかったので宗家をついだが、自らもやがて江戸に移って幕府の奥絵師となり、中橋に居を構えて中橋狩野の祖となりました。
特にこちらの「郡鶴の図」は彼の代表作として定評があり、彼自身においても生涯をかけた傑作であるとされています。