川島草苑

川島草苑 松煙染作家

松煙染の第一人者の川島草苑さんの素晴らしい作品です。
松煙染は樹脂分の多い松の根や松の木を不完全燃焼させて取り出した煤を豆汁に溶かして布地に引き染めしたもので遠い昔からの古法です。

~川島草苑プロフィール~
1940年群馬県桐生市生まれ
染識工芸家 (株)あおい(古代染識)代表

59年工業高校染織科卒業後、織物工場で御召・紗・紬の織、解捺染・型絵染等染の技術を修得。
73年あおい工房設立。修行中、後継者の絶えた松煙染に出会い独学でこれを復活。
85年中小企業庁長官賞受賞。90年東京・京都他地方都市で個展を開催、松煙染の古代染織の普及に努める。
96年通商産業大臣賞受賞。
02年群馬県知事より松煙染認定(1社1技術)を受ける。

松煙染について