木村幸哲

木村幸哲 伝統箔匠

螺鈿作家として有名な伝統箔匠・木村幸哲さんによる作品です。
木村幸哲さん独自の手法である綴螺鈿織、螺鈿の虹色の輝きが魅了します。
15歳の時(昭和37年)、先代の意思を受け継ぎ三代目として、伝統箔匠の道に入ります。
自らあみ出した綴螺細織の第一人者であり、その技術、作品共に幸啓工房の唯一のものです。

【受賞歴】
2008年 国際芸術交流展「イーグルドニース賞(フランス)」、名古屋商工会議所「会長賞」、社団法人日本絹業協会「会長賞」受賞。
2009年 バルセロナ国際サロン 国際栄誉賞(スペイン)受賞
2013年 国際芸術交流展2013最優秀賞 受賞