木村勝美(きむらかつみ)

木村勝美 (きむらかつみ)本蒔蝋染

こちらは京友禅伝統工芸士の手描き部門・木村勝美作の本蒔蝋染の色無地です。
本蒔蝋染という技術は、筆先に蝋を付けて生地上にそれを飛ばして斑点文様を作り出します。
そのため同じ柄付けにはならなず、世界でたった一つの作品が生まれます。

間隔の大きい絽ちりめん地に紫や水色、橙色を染めた女性らしい柔らかな着姿を演出してくれる一枚です。
季節感のない色無地は、帯や小物で季節感を表現することもでき、多様なシーンで着こなせるのが魅力です。

『木村勝美プロフィール』
1938年10月 京都市に生まれる
1959年 3月 京都市日吉ヶ丘高校美術コース
日本画家卒業
1982年 5月 第27回彩芸展 京都府知事賞
1985年 9月 第8回日本染織作家展 文部大臣奨励賞
1987年 5月 第32回彩芸展 京都市長賞
1992年 2月 京都府工芸産業技術コンクール展優賞
2000年 11月 本薪蝋染個展 京都文化会館
2005年 11月 京都府伝統産業優秀技術者
(挿友禅師)

現在 通商産業大臣認定京友禅伝統工芸士
京都府伝統産業優秀技術者(挿友禅師)
社団法人 日本染織作家協会正会員