【染色家】岸上純平(きしがみじゅんぺい)とは

岸上純平(きしがみじゅんぺい)さんは、京都工芸家協会の名誉会長でもある染色家です。

岸上純平さんが創るお着物は、自由でエレガント、そして個性的で高級感のある日本の伝統を引き継ぐ美しい逸品ばかりです。

~~自分の中に沸き起こったイメージその瞬間を描ききる事。それは現代の女性に感じる、纏ってほしい大切なものである。一瞬の筆の運び、その後に現れる自然の即興の面白さに魂を込めて描き続けている。~~

【染色家】岸上純平さんの略歴

1947年 徳島に生まれる
1968年 京都芸術大学西洋学科に入学
1973年 染色家 木下茂森氏に師事
チーフデザイナーとして現代着物の製作にあたる
1977年 染工房「万望」を設立
1984年 京都在住の染色家グループ「秋桜」を創立
第一回個展を京都府伝統産業館で開催
その後、全国にて個展を開く
1996年 京都工芸家協会 会長就任
2005年 京都工芸家協会 名誉会長就任