喜多川平朗 (きたがわ へいろう)

喜多川平朗 (きたがわ へいろう)有職(ゆうそく)織物 人間国宝

400年近く織物業を続けてきた西陣織りの老舗俵屋に生まれる。
京都市立絵画専門学校日本画科を卒業する。
その後、父に就いて織物製織技術を学び、家業を継いで俵屋17代当主となる。
正倉院の染織品を研究、有職織物(平安時代の貴族の装束や調度に用いられた織物)に精通し、その技法の復興に努めた。
平安時代の貴族達は有職織物のなかでも最高峰とたたえたが、その織りの技法は室町以降途絶えていた。

大和・奈良時代に、輸入されたり、国内で製作された織物は、複雑な織りの構造をもち、糸の材質、染料、織り方の解明は難しく、何年もかかって、正倉院裂23種を復元した。

喜多川平朗は、正倉院裂の羅が持つ気品、織の複雑さにひかれて復元に取り組んだ。
室町時代以降なくなっていた「羅」という複雑な織物を復元したことは和装の世界にとって大きな財産と思われている。
羅の織文様は、一本の経糸(たていと)を左右の経糸と絡み合わせて織ることで表れる。この経糸の絡みによって織物の表面に斜線模様が生まれ、さまざまな襷(たすき)文や菱文を織り出す。

有職織物の人間国宝

【略歴】
1898年 京都に生まれる
1921年 京都市立絵画専門学校日本画科卒業
1927年 生家の俵屋で製織技術を習得
1931年 正倉院裂23種を復元
1956年 重要無形文化財「有職織物」の保持者に認定
1967年 紫綬褒章を受章
1970年 京都市文功労者章を受章
1973年 勲四等旭日小綬章を受章
1983年 京都府文化特別賞を受賞
1985年 伝統文化ポーラ大賞を受賞