小林茂徳

小林茂徳 「江戸小紋 小林染芸」

江戸小紋の小紋師として伝統工芸士に認定された小林茂徳氏。
茂徳氏を筆頭に家族で江戸小紋の製作をなさっています。

自然に笑みがこぼれる、着物ファン必見の出来栄えでございます。
お召しになる方に華やぎを与え、どのような社交の場でも堂々と装える風格を兼ね備えています。

【略歴】
昭和4年 長野県中野市 生まれ
昭和24年 江戸小紋工場「 北村 染工場」に入門
昭和44年 20年の修行を終えて独立  練馬区田柄 に工房建設
昭和52年 板橋区高島平 に新工房を建設移転
昭和57年 第20回日本伝統工芸展に初出品 初入選
昭和61年 通産省認定 伝統工芸士に認定される
昭和62年 第34回日本伝統工芸展「五節句」入選
平成3年 日本工芸会準会員に推挙せれ
平成4年 茨城県水街道市染色村に第二工房建設
平成7年 第42回日本伝統工芸展「松竹梅」入選
平成10年 第45回日本伝統工芸展「瓢箪」入選
平成14年 勲六等に叙し瑞宝章を授与される
平成17年 板橋区 無形文化財に登録される