小林喜代美 (こばやしきよみ)

小林喜代美 (こばやしきよみ)本場加賀友禅作家

女流作家ならではの感性と優美な華やかさ、本加賀友禅作家 小林喜代美が武家屋敷老梅の文様を心を込めて染めあげた逸品です。
加賀友禅は宮崎友禅斎が京から加賀へ移り住み、加賀藩の庇護を受けたことが始まりと言われています。
また、一説では加賀友禅の原型は15世紀あたりに加賀にあったと言われる、 独特の染色技法、「梅染め」であるとも言われています。 この加賀のお国染めと友禅斎が広めた技法が合わさり、加賀友禅が確立されたと考えられています。
色彩は加賀五彩と呼ばれる(紅、黄土、緑、藍、紫)を基調色とし、 濃く、淡く、外郭より内側へぼかされるのが特徴です。
又、「虫食い葉」などの柄が代表的です。

>加賀友禅について