小森久

小森久 本場筑前博多織

無形文化財指定 染匠小森久による本場筑前博多織の帯です。
四季折々、刻一刻と表情を変える自然の色に魅了され、「自然を染めたい」と、茜、藍、栗、蓬、梅、葛の葉などの草木を染料に、自然の色を一本一本の糸に再現しています。
自ら「本・草木染」と名付けた技術は、甘木市無形文化財に指定され、以来、全国各地の織物品評会などで内閣総理大臣賞をはじめとする数々の大賞を受賞。
さらに、小森さんが草木染技術の粋をまとめた書物が国立図書館に所蔵されています。

【 小森 久 プロフィール 】
昭和3年、筑前秋月(福岡県甘木市)生まれ。
自らの手で生み出した『本・草木染』の独創性と高い技術が評価され、昭和50年には甘木市無形文化財に指定される。
以来、博多織求評会や全国織物大会などで、文部大臣賞、厚生大臣賞、東京都知事賞、全国百貨店賞といった大賞を次々に受賞。
薬草に関する研究も高い評価を受けている。

小森草木染工房について