小山仁郎

小山仁郎 草木染友禅作家

小山仁郎さんは江戸友禅作家の倉谷憲作氏に師事し、厳しい修行を積みました。
昭和53年の第1回日本染織作家協会展で訪問着『冬野』が文部大臣賞を受賞し、全国的に名前を知られるようになります。
地元の信州で、自ら野山に出かけて草木を集めています。
「東洋美の現代的表現」を追い求めて生涯を全力投球することをモットーとし、日々製作に取り組みます。