前田親男(まえだちかお)

前田親男 (まえだちかお)衣裳演出家

衣裳演出家・前田親男(まえだちかお)さんは昭和28年に兵庫県芦屋市に多満屋を創業します。
「色彩は感情表現、図柄は体系の補正のためにある」という哲学のもと、 お召しになる女性が最高に美しく見えるようにと色や構図にこだわった制作活動をされました。

こちらは黄緑色に近い鶸萌黄色地に縦方向に波打つ浮き織をさりげなく施し、新緑を連想させる明るめの色無地です。
着物を世界に通じるドレスとして、堂々とお召しすることができる素敵な色合いです。