毎田健治(まいだけんじ)

毎田健治 (まいだけんじ)本場加賀友禅作家

毎田健治は金沢美術工芸大学日本画科卒業後、父であり加賀友禅の巨匠である毎田仁郎に師事します。
昭和50(1975)年に日本伝統工芸展に初入選し、以来、連続入選を果たします。
日本工芸会正会員に選ばれ、海外で個展を開くなど活動は多岐に渡ります。
写生を基本として、上品な色使いと流麗な文様表現で高い評価を得、加賀友禅の新時代を開拓しています。

【略歴】
・昭和39年 金沢美術工芸大学・日本画家卒業 父・毎田仁郎に師事
・昭和46年 石川県伝統工芸展に初入選以来、連続入選(優秀賞3回、奨励賞4回)
・昭和53年 日本染色展にて文化庁長官賞受賞
・昭和58年 石川県伝統工芸展以降特待
・昭和61年 日本伝統工芸染織展審査員 日本橋三越にて個展 以降毎年開催
・昭和63年 シンガポールにて開催された日本工芸展に出展
・平成元年 現代美術展審査員(以降2回)
・平成2年 日本伝統工芸染色展審査員
・平成3年 天皇・皇后両陛下、御来県の節の衝立・卓布等謹製
ベルリンの日独文化センターにて個展開催
・平成4年 石川県美術文化協会理事
石川県の伝統工芸展鑑審査員

■日本工芸会正会員
■(財)石川県美術文化協会常任評議員
■金沢市工芸協会理事
■金沢美術工芸大学助教授

加賀友禅について