松原八光(まつばら はっこう)

松原八光 (まつばら はっこう) 本藍染

松原八光は長板中形の人間国宝・松原定吉の9男として昭和8年に生まれます。
父から長板中形による本藍染を始めとする技術を学び、東京都江戸川区無形文化財保持者として日本伝統工芸展に数多く入選するなど活躍しました。

長板中形
透き通るような藍染にて吉祥菊唐草文様を染めた温もり溢れる仕上がりです。
なかなか入手することのできない、大変貴重な松原八光さんの作品です。