松枝哲也(まつえだてつや)

松枝哲也 (まつえだてつや)正藍染

松枝哲哉は140年以上続く久留米絣の名家であり、人間国宝の松枝玉記(1905-1989)の孫で松枝家五代目となります。
正藍染は数多くの工程での微妙な力加減が藍の色に様々な表情を生み出します。
時を経ることにより色はさらに深みを増します。
松枝さんの染めた経糸・緯糸が博多織で新たな生命の息吹をもたらします。

久留米絣の作家
こちらは坂本繁二郎の草花の図案を重要無形文化財保持者会員の染色作家、松枝哲也が表現したものです。

久留米かすりについて