松井佑介(まついゆうすけ)

松井佑介 (まついゆうすけ)越後片貝布繍織

越後(新潟)の国、小千谷市片貝の雪深い里で織り続けられている「紺仁」十二代目松井佑介さんによる片貝木綿。
紺仁は260年の伝統を誇り、今も知恵や技術を守り続けています。
天然素材を生かし、手紡ぎ糸を用いて手で織り植物染めを施し製作した作品です。
太い節感や凹凸があり、趣き深い佇まいが演出されます。 シンプルながらも洗練された、大変お洒落なデザインです。
柔らかな生地ですので、結びやすく、着心地も良いでしょう。