松任いち

松任いち 本場加賀友禅作家

加賀友禅は、五彩といわれる、藍・えんじ・黄土・草・古代紫を基調とした暖かい色彩に、花鳥山水を描いた絵画的な構図、そして模様の外側から内側へボカシを入れる技法が特徴的です。

本場加賀友禅作家の訪問着

こちらの着物は薄グレー地に左身頃と後ろ身頃の境目に一部だけ紫色のぼかしのアクセントが加わり、紋意匠の立涌取り唐草の立体感がより強調されたものとなっております。
そこへ、白兎を花びらとともに描いた松任いちさんの現代的な感性が映し出された愛らしい訪問着です。
本場加賀友禅のなかでも兎柄となると、本当に珍しく貴重なものです。
加賀友禅の優しい色合いと繊細な筆感はそのままに、ふっくらとした耳や体のフォルム、そしてクリクリの目が特徴ですね。
心弾む賑やかなデザインですので着こなしを楽しみながらお召しいただける極上の仕上がりです。

加賀染振興協会の証紙

加賀友禅について