宮城里子(みやぎさとこ)

宮城里子 (みやぎさとこ)本場琉球びんがた

琉球紅型の沖縄県指定無形文化財保持者である宮城里子の作品は、女性らしく優しい色彩と常に新しい感覚を取り入れた作風に人気の集まっている紅型作家です。
宮城里子の原点は、琉球紅型の第一人者として有名な城間栄喜の指導を受けた藤村玲子の作風に感銘を受けた事に始まり、その藤村玲子の工房でその技術を磨きました。
現在は自身の工房を持ち、沖縄県工芸公募展で最優秀賞を受賞するなど、数々の賞を受賞しています。

紅型の独特で鮮烈な色は、日差しの強い沖縄の風景のコントラストを表現しているとも言われています。
海の色や山の色、草木の色、空の色・・・那覇市で生まれ育った宮城里子さんの素敵な作風が感じられます。