宮平初子 (みやひら はつこ)

宮平初子 (みやひら はつこ) 首里の織物 人間国宝

「首里の織物」の人間国宝に認定された宮平初子さんによる首里花織の作品です。
首里の織物は琉球王朝が栄えた15~16世紀にはすでに織られていました。
海外貿易で南方からもたらされた「絣」と、中国から取り入れられた「紋織」の技法が融合して高度な織技による多種多様な織が発達しました。

紋織は、表地に降り出された浮糸で、絣は、経糸と緯糸の織り合わせで、模様を表現します。
模様によって異なりますが、意匠設計に始まり、染色前の経糸と緯糸の下準備、絣括り、糸染めなど、首里織は、製織までの工程にも大変な技術と時間を必要とします。

首里の織物はお受けや上流階級の氏族の女性たちによって語り継がれ、その家の門外不出の織として大切に守られてきました。
人々の暮らしと織物はとても密接に繋がっていたため、場所や時に合わせて衣服を着ることが最高の嗜みとされていたようです。

しかし明治時代以降、王朝の解体や大戦を経て沖縄の染織は衰退の一途を辿ります。
首里も大打撃を受け、一時途絶えていたのです。

そのなかで宮平初子さんを中心とする人々は民藝運動の柳宗悦らに出会いながら、資料をもとに首里織の復興に尽力していきます。
そして、7つの技法(花織・花倉織・花織手巾・道屯織・諸取切・煮綛芭蕉布)を完成させました。

初子さんの娘である吟子さん、そして息子の一夫氏も同じ道に進まれ、今も宮平初子さんの思いや技術は確実に受け継がれています。

首里花織
こちらの作品は眺めれば眺めるほど端正で華やかな表情をしています。
燃えるような赤茶色に黄緑・緑・黄色・オレンジ・茶色の爽やかなグラデーションが入り、大小の花文様を映し出します。
文様の先端から中央にかけて優しく、豊かな色合いが心をとらえて決して離しません。
人間国宝の落款