宮野勇造(みやのゆうぞう)

宮野勇造 (みやのゆうぞう)本場加賀友禅作家

宮野勇造氏は、デッサンを基盤とした加賀友禅の伝統的技法を元に、女性の内面の美しさを引き出す事を得意とした大変人気の高い作家です。
一瞬の風景をそのまま写し取ったような大胆かつ開放感溢れる構図が見事です。
その雅やかな装いは身にまとった時に、まるで風に吹かれて動き出すような、活き活きとした躍動感溢れる作品となっております。

加賀友禅の特徴は加賀五彩といわれ、「藍・臙脂・黄土・草・古代染」を基本にして濃淡がつけられ、模様が外部より内側へと暈されるのが主で花鳥山水を描いた絵画的な構図です。
加賀友禅は手描きであり、全行程手作業のため、完成までは長期間を要し、その希少価値的存在が高く評価されています。

《宮野勇造プロフィール》
昭和28年 金沢市に生まれる。
51年 清藤武ニ氏に師事。
58年 加賀友禅作家として独立。
62年 第13回 加賀友禅新作競技会…金沢市長賞受賞
63年 第10回 伝統加賀友禅工芸展…金賞受賞
第14回 加賀友禅新作競技会…名古屋通商産業局長賞受賞
平成 2年 第12回伝統加賀友禅工芸展…銀賞受賞
9年 伝統工芸師認定
その他現在まで各賞受賞9回

加賀友禅について