水野博(みずの ひろし)

水野博 (みずの ひろし)本場加賀友禅作家

水野博先生は昭和初期に土屋素秋に師事します。
独特の彩りで装飾的な草花を描き加賀友禅に新風を吹き込みました。
洗練された構成と色彩感覚によって造られる作品は目を見張るものがあり、大変美しいです。
加賀友禅の特徴である外暈しやお色の一つ一つにも水野博先生の真心が込められて、とても温かみのある作品です。
絵画のように美しく、いつまでもうっとりと眺めていたいと思わせる独特の存在感がございます。

水野博先生の生前の功績は現在も加賀の伝説として残ります。
実際にお手にされると水野先生の精緻な筆使いに感動もひとしおでしょう。

加賀友禅について