元橋範人 (もとはし のりと)

元橋範人 (もとはし のりと)アトリエのりと

伝統工芸士元橋範人さんは、墨汁を水の上に流し、波紋状の繊細な模様を生地に転写する「墨流し」の技術を発展・完成させた同技法の第一人者です。
京友禅や型絵染に墨流し染を融合させ、これまでの墨流し染とは異なる新しい墨流し染の世界を切り開きました。
《元橋範人 略歴》
1985年京都染色試験場講師(3年間)1986年第10回社団法人日本染織展 文部大臣賞
1988年伝統工芸士に認定
1989年ニューヨーク「マリーナ」画廊で個展開催
1996年京都美術工芸展 優秀賞 第51回新匠工芸会展 人間国宝 稲垣賞(訪問着)
1999年第54回新匠工芸会展 人間国宝 稲垣賞(屏風)
2000年京都府伝統産業優秀技術者に認定賞