永野和年

永野和年 伝統工芸士

こちらは伝統工芸士・永野和年作の泥染めで染め上げた色糸を使い、紙布捩り織を施してゆったりと桜を綾なした作品です。
綟り織は綟り経糸が緯糸1本または数本ごとに地経糸の左右にその位置を変えて組織し、緯糸と緯糸との間に隙間を作ります。
ふっくらとした地風には立体感と透け感のある捩り織がイキイキと綾なされて、 織の一つ一つに永野和年さんの卓越した技術力が伺えます。

伝統工芸士の作品
こちらの作品は、深みあるカラフルなブロックの帯地に緯糸に金通しが施され、縦方向には和紙が網状に織りなされています。 それぞれの凝った演出が楽しく、細部へのこだわりが感じられます。