長岡正幸

長岡正幸 長岡織物

紬の併用絣を得意とする伝統工芸士・長岡正幸氏。

こちらは盛夏にピッタリのからむし八寸帯が作られました。
昭和村で採れるからむし(苧麻)は夏の最高級織物である越後上布の素材としても知られています。
その強い繊維質の皮は古来より糸の材料として重宝されており、着るほどにやわらかく、品の良い光沢が魅力です。

やや隙間のある風通しの良い織によって自然のありのままの優しさを込めた素晴らしい作品です。
ざっくりとして、眺めていると心がゆったりと和む優しい風合いがございます。
青空に映える極上の帯姿を粋にご堪能いただけます。

長岡織物

【長岡正幸氏 受賞歴】
平成5年 第18回全日本新人染織展 入選
平成6年 第19回全日本新人染織展 技術賞
平成7年 第20回全日本新人染織展 大賞 文部大臣賞