中村喬

中村喬 二代目伊勢型紙道具彫

重要無形文化財保持者・中村勇二郎氏は昭和30年に伊勢型紙道具彫で人間国宝に認定されました。
故中村勇二郎氏の実子、神の手と称されたその技の正統継承者【中村喬】氏。
日展にも入選し、その実力を認められた現代の伊勢型道具彫りの第一人者です。

中村喬氏は昭和20年生まれ。
高校卒業後、父・中村勇二郎に師事し、伊勢型紙道具彫りを学びました。
現在は「中七勇匠庵」を主宰し、日々創作活動に勤しんでおられます。
また喬氏の子息、中村勇也氏も道具彫りを喬氏に学び、三代に渡る伊勢型紙道具彫りの大家としてその歴史はこれからも続きます。

中村勇二郎について