南部幸雄

南部幸雄 東京染江戸小紋二代目

父芳松氏に支持、十代後半より本格的な修行を開始、以来この道一筋、研鑽に研鑽を重ね今日に至っています。
点と線の微細極まる伊勢型紙による彫型画、その気の遠くなる芸術を支えるものは、作者の類まれなる才能に裏付けされた技と心です。
それは作品のなかに息づき、伝統の和装美に映し出されています。

《経歴》
昭和24年 父芳松に師事
昭和42年 重要無形文化財伊勢肩書実技術伝承者 第一期突彫 修了
昭和50年 彫型画展 入賞
昭和51年 彫型画展 知事賞
昭和52年以降 彫型画展 無鑑査 審査員
昭和58年 重要無形文化財伊勢型紙技術伝承者 第四期 縞彫 修了
昭和59年 通産大臣指定伝統工芸士認定
昭和61年 重要無形文化財伊勢肩書実技術伝承者養成委員
親子展 二回