直江良三

直江良三 本場加賀友禅作家

本場加賀友禅作家・直江良三作の淡い色調で丁寧に丁寧に花蝶の姿をあらわした極上のお着物です。
直江良三は坂井他吉に師事し、直径の弟子には人間国宝の二塚長生や中町博志がいます。
特に色鮮やかな表現力に優れ、他の加賀友禅作家とは一線を画すものです。

加賀友禅は古くから加賀友禅地方独自の染色技法であった「加賀染」を基に、宮崎友禅斎が享保年間(一七一八年頃)に新しく模様を取り入れたことに始まります。
特徴は、五彩といわれる藍・臙脂・黄土・草・古代紫を基調とした暖かな色彩に、花鳥山水を描いた絵画的な構図、そして模様の外側から内側へボカシを入れる技法にあります。