西川健一(にしかわけんいち)

西川健一 (にしかわけんいち)本場加賀友禅作家

加賀友禅の巨匠・木村雨山直系の弟子である毎田仁郎に師事した西川健一氏。
加賀友禅は古くから加賀地方独特の染色技法でした。17世紀前半から技法が確立し、武士や豪商などの上流階級の晴着として用いられました。
特徴は加賀五彩といわれ、「藍・臙脂・黄土・草・古代染」を基本にして濃淡がつけられ、模様が外部より内側へと暈されるのが特徴で花鳥山水を描いた絵画的な構図です。
加賀友禅は手描きであり、全行程手作業のため、完成までは長期間を要し、その希少価値的存在が高く評価されています。

こちらは金沢市名所 兼六園が描かれております。
兼六園は水戸偕楽園、岡山後楽園と並ぶ日本三名園の一つです。
江戸時代の代表的な大名庭園として、加賀歴代藩主により、長い歳月をかけて形づくられてきました。金沢市の中心部に位置し、四季折々の美しさを楽しめる庭園として、多くの県民や世界各国の観光客に親しまれています。
廻遊式の要素を取り入れながら、様々な時代の庭園手法をも駆使して総合的につくられた庭です。
上前には金沢城の優美な姿も添えて、金沢の名所巡りを堪能していただける作品です。