野村絵美(のむらえみ)

野村絵美 (のむらえみ)本場加賀友禅作家

女性ならではの優しい筆致から人気の高い本場加賀友禅作家・野村絵美先生による渾身の力作でございます。
加賀友禅は古くから加賀地方独特の染色技法でした。17世紀前半から技法が確立し、武士や豪商などの上流階級の晴着として用いられました。
特徴は加賀五彩といわれ、「藍・臙脂・黄土・草・古代染」を基本にして濃淡がつけられ、模様が外部より内側へと暈されるのが特徴で
花鳥山水を描いた絵画的な構図です。
加賀友禅は手描きであり、全行程手作業のため、完成までは長期間を要し、その希少価値的存在が高く評価されています。
山の頂上から麓まで溢れんばかりに咲き誇る草花の世界がお召しになった時に格調高い和姿へと導きます。
美しさを主張しつつも、見事一つにまとめ上げられたこの上品さは素晴らしいの一言に尽きます。