尾形乾山(おがたけんざん)

尾形乾山 (おがたけんざん)

江戸時代の陶工、絵師である尾形乾山。
乾山独自の世界には一貫して、自然への共感と花に対する愛情を表現しつづけてきました。
書も絵も焼物も、かれの詩心の偽りのない詠い手として、この世界で諧調を奏でています。
日本美術が誇る乾山の感性が着物や帯に写された作品です。